2018年 7月 16日 (月)

ひょうたんから「影絵」!? 超幻想的なランプ

印刷
とってもムーディー
とってもムーディー

   SPREADは、天然のひょうたんをランプシェードにしたインテリアランプ「ひょうたんランプ」の量産体制を確立。新シリーズとして、「ピアノ・ブラック」と「スワロ・ブラック」を2010年6月1日に発売する。

   1つ1つ形の違う天然のひょうたんを職人が加工した「一点もの」で、無数の穴からもれた光が作り出す影絵が幻想的な商品。手作りのために品不足が続いていたが、中国の工場で職人を育成するなどして量産を実現し、今回の新シリーズの発売となった。

   「ピアノ・ブラック」は、ランプを黒で塗装したもので、漆(うるし)のようなツヤと光沢が高級感をかもし出している。全10種類で、価格は1万1800円~。「スワロ・ブラック」は、これにスワロフスキーを装飾したもので、1万8000円~2万5000円。今後もさまざまなカラーリング・装飾のランプが発売されるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中