民間初の最先端医療「ステムソース幹細胞バンク」  聖心美容外科が導入

印刷

   聖心美容外科は、民間クリニックでは世界初となる「StemSource(ステムソース)幹細胞バンク」を2010年6月14日から導入する。

   自身の脂肪から幹細胞を採集し、マイナス150度の窒素タンクで凍結保存するシステムで、女性なら顔のこけ・くぼみ改善の若返りや乳がん切除手術後の乳房再建といった風に、さまざまな疾患治療に「若く健康」なときに採集した「自身」の細胞を役立てられる。

   幹細胞を使った再生医療の中でも、脂肪組織由来の幹細胞は一度に大量の幹細胞を確保できるといった理由から世界中で臨床試験・研究がすすめられているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中