2018年 7月 17日 (火)

シャープ、4原色表示の3D対応液晶テレビ

印刷
シャープも3D液晶に参入
シャープも3D液晶に参入

   シャープは2010年7月30日、同社初の3次元(3D)対応液晶テレビ「AQUOS クアトロン 3D」を発売する。

   赤、緑、青の光の3原色に黄を加えた4色で映像を表現する新技術を採用。色の再現性を向上させたほか、明度も従来の1.8倍に高めた。3D映像は、左目用と右目用の映像を交互に高速で画面に映し出し、専用メガネを使って立体感を得る「フレーム・シーケンシャル」と呼ばれる方式で表示する。

   想定価格は40型が28万円、46型が37万円、52型が45万円、60型が60万円。当初月産1万5000台を見込む。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中