「1Q84」公式サイトに広がる 「青豆」「天吾」なりきり散歩道

印刷

   村上春樹さんの長編小説「1Q84」(新潮社)の公式サイトを見たことがあるだろうか。サイト内はシンプルだが、編集部や出版部によるブログ記事やブログパーツなどが用意されていてとても楽しく、「book3」の発売に合わせて用意された新コンテンツ「1Q84マップ」も評判になっている。

キャッチコピーの変化に見る新聞広告の推移

   メーンコンテンツの「1Q84ニュース」には、書籍にまつわるこぼれ話が書かれている。たとえば、出版部の担当者は2010年5月28日、宇宙飛行士の野口聡一さんにJAXAを通じて、本をプレゼントしたことを紹介している。というのは、野口さんの著書「オンリーワン―ずっと宇宙に行きたかった」(新潮社)に、村上春樹さんの新刊をいつも楽しみにしているとのくだりがあったからだ。

   一方、別のスタッフは2010年5月31日、これまで新聞などに掲載された「1Q84」の広告をアップした。「book1」と「book2」の発売日(09年5月29日)に掲載された新聞広告には「7年ぶりの大長編」とコピーが入っていたのが、09年7月3日には「大反響100万部」、09年7月28日には「ダブルミリオン突破」と推移していくのが面白い。また、09年9月28日と30日に出された広告のデザインは、「1Q84」を象徴する「Q」の数がひとつふえ、「book3」の登場を暗示させている。これは、作者の村上春樹さんは09年9月の毎日新聞インタビューで、続編への意欲を語ったからだろう。ちなみに、「book3」の発売の告知は2010年元日に出され、年明け早々、読者の度肝をぬいたのだった。

人物関係を図にまとめる熱心な読者も

   また、「1Q84マップ」は小説中の記述に沿って、主人公の「青豆」と「天吾」が足を運んだ場所などが示されているというものだ。たとえば、「book1『1章』」で、青豆は「三軒茶屋の手前から急に渋滞」につかまってしまったし、「book1『2章』」で、天吾は「高円寺の小さなアパートに一人で暮らしている」ことがわかった。地図中に立てられている旗を参考にしながら、実際の場所をたどれば、登場人物の気持ちに少しは近づけるかもしれない。

   なお、「1Q84」については、中国語翻訳版が2010年5月25日に初版120万部で売り出され、韓国では昨夏の発売から19週連続で1位を獲得。アジアでも人気があるらしく、ミニブログ「ツイッター」で「1Q84」と検索すれば、中国語やハングルによるつぶやきも見つかる。かたや、SNS「mixi」では2500人近くが参加する「1Q84」のコミュニティーがある。熱心な読者が、具体的なページを挙げてその意味に迫ったり、人物関係や出来事を図にまとめたものをアップしたりしていて、盛り上がっていた。より深く作品を理解したい人は、参考にしてみてはどうか。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中