2018年 7月 17日 (火)

空飛ぶ「ガンダム」7月にテイクオフ

印刷
(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ

   全日本空輸(ANA)とバンダイなど4社は2010年6月15日、人気アニメ「機動戦士ガンダム」のプラモデル「ガンプラ」の発売30周年記念企画「ANA × GUNDAM SKY PROJECT」を実施すると発表した。

   実物大ガンダムのイラストを描いた航空機「ANA × GUNDAM JET(ボーイング777-300型)」を10年7月16日から11年3月まで羽田―伊丹路線などで運航するほか、10年7月1日からANA機内でオリジナルのガンプラを販売する。また、搭乗者向けキャンペーンなども実施する。

   限定プラモデルは、144分の1スケールの「HG 1/144ガンダム G30th ANAオリジナルカラーVer.」と、48分の1スケールの「1/48メガサイズモデル ガンダム ANAオリジナルカラーVer.」の2種類を用意。ともに、ANAのコーポレートカラーである青色を多用したデザインにした。価格は、「HG 1/144ガンダム」が3000円、「1/48メガサイズモデル ガンダム」が8500円。「HG 1/144ガンダム」は国内線のみで取り扱う。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中