ローソン、「できたて弁当」提供へ

印刷

   ローソンは2010年6月16日、できたて弁当を提供する店内調理システムを全国のローソンに導入すると発表した。10年度中に関東、関西地区を中心とした200店舗で展開し、15年度までに導入店舗を全体の1割に当たる1000店舗に拡大する。

   店内にオープンキッチンを設け、ピーク時などに店内で調理した弁当を販売するほか、「オムライス」や「生パスタ」など注文後に仕上げるメニューを提供する。また、好みの料理を自分で取り分けるビュッフェコーナーも設置する。

   メニューの開発や食材供給、店舗の支援は、「業務スーパー」などを手がける神戸物産と設立した合弁会社・神戸ほっとデリが行う。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中