2018年 7月 22日 (日)

ローソン、「できたて弁当」提供へ

印刷

   ローソンは2010年6月16日、できたて弁当を提供する店内調理システムを全国のローソンに導入すると発表した。10年度中に関東、関西地区を中心とした200店舗で展開し、15年度までに導入店舗を全体の1割に当たる1000店舗に拡大する。

   店内にオープンキッチンを設け、ピーク時などに店内で調理した弁当を販売するほか、「オムライス」や「生パスタ」など注文後に仕上げるメニューを提供する。また、好みの料理を自分で取り分けるビュッフェコーナーも設置する。

   メニューの開発や食材供給、店舗の支援は、「業務スーパー」などを手がける神戸物産と設立した合弁会社・神戸ほっとデリが行う。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中