2018年 7月 22日 (日)

「睡眠の専門家」が授ける効果的起床術

印刷
睡眠はとり方で大きな差が出る
睡眠はとり方で大きな差が出る

   フォレスト出版は、睡眠医療の専門家で医学博士・遠藤拓郎氏が著した新刊本『朝5時半起きの習慣で、人生はうまくいく!』を2010年4月に発売し、好評だ。

   「朝早起きの限界は、いったい何時なのか」

   「朝スッキリ起きるためにはどうしたらいいか」

   「どうすれば『朝に弱い…』を克服し、早起きの習慣を作れるのか」

   「夜型生活から朝型生活に切り替える方法は」

   こうした朝早起きに関する疑問に、遠藤は医学的根拠をもとに答えており、その解決のカギは「朝の太陽の光」だという。また、「人生の3分の1を占める睡眠で大切なのは、短眠法と起床術。この2つの正しい知識があれば、体に無理なく、誰でも簡単に自分のプライベートな時間を作れる」とし、今回の著書では「起床術」を主に詳説している。

   単行本、ソフトカバー、148ページ。

   定価1260円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中