ベストセラー連発学者が解く「信仰に頼らなくてもいい幸福な生き方」

印刷
脳科学と宗教史からわかる幸福な生き方とは?
脳科学と宗教史からわかる幸福な生き方とは?

   フォレスト出版は2010年6月4日、新刊本『なぜ、脳は神を創ったのか?』を発売した。

   同書は、脳機能学者・認知科学者であり、天台宗ハワイ別院国際部長、チベット仏教カギュー&ゲルク派傳法大阿闍梨でもある苫米地英人氏が現代人への「信仰に頼らなくてもいい幸福な生き方」を示した本だ。信仰の自由はすべての人に保証されているが、戦争やカルト教団の発生につながることもあり、いいことばかりはない。著者は、「なぜ、南無阿弥陀仏と唱えるのか?」「ケネディ、キング牧師が殺された本当の理由とは?」「なぜ、アメリカはドイツに原爆を落とさなかったのか?」など、宗教にまつわるさまざまな疑問に明快に答えている。

   オウム真理教の脱洗脳でも有名な苫米地氏が、「脳科学」と「宗教史」が証明した「幸福な生き方」を初めて解説した一冊でもある。

   新書、223ページ。定価945円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中