外国人への接客、8割が「意思疎通できず困る」

印刷
外国人客が来店したときに積極的な対応をする人は31.4%
外国人客が来店したときに積極的な対応をする人は31.4%

   ロゼッタストーン・ジャパンは2010年6月18日~22日、都内で接客業にたずさわる20歳以上の男女500人を対象にした「外国語での接客に関する調査」を実施した。

   それによると、外国人客が来店したときの対応について、外国語でうまく意思疎通ができずに困ったことがあるという人は78.4%にのぼる。また、「自ら積極的に接客に向かう」とした人は31.4%に過ぎず、「積極的に接客に行かないが、お客さまから声を掛けられた場合のみ対応する」とする人が50.6%もいた。

   ただ、外国語ができたらもっと売り上げを伸ばせるかもしれないと思ったことがある人は59.8%、接客業では外国語の習得が「とても/ある程度必要だと思う」と答えた人が90.0%、との結果も。7月から中国人向け「個人観光ビザ」の発給要件が大幅緩和されるのを控え、訪日外国人客の増加が見込まれる中で、スタッフの外国語対応は売り上げ拡大のための課題になりそう、と同社はみている。

   なお、同社は6月24日~7月31日、販売・サービス業向け「訪日外国人接客向上キャンペーン」を実施している。詳細はホームページまで。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中