ツイッターで月300万売り上げ、「豚組」経営者が語る成功の極意

印刷
「現場発」のツイッター活用本
「現場発」のツイッター活用本

   日本実業出版社は2010年6月24日、新刊本『小さなお店のツイッター繁盛論 お客様との絆を生む140文字の力』(著・中村仁)を発売した。

   著者の中村仁氏(株グレイス代表取締役)は電器メーカーや米系広告代理店に勤務し、営業プランナーやアカウントプランナーなどを経験したのち独立。現在、飲食店5店舗を経営し、成功させている実業家だ。そんな中村氏が、「飲食業界を変える」とまで言い切っているのが「ツイッター」である。

   同書では、中村氏が経営し、ツイッターだけで月300万円を売り上げる飲食店「豚組しゃぶ庵」における効果の高い「繁盛テクニック」を初公開。店舗経営へのツイッターの活用法を氏の経験をもとに分かりやすく伝えている。

   最終の第8章では、「サービス精神を第一に」「お店と相手に『愛着』を持つ」「フォロワーの数より質が大事」「Wi-Fi設備や電源を充実させる」など、「『豚組流』 ツイッターで成功するコツと心得」を解説。

   四六判並製/360ページ。定価1680円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中