女性の大多数「ミニサイズスイーツ」に注目! 江崎グリコ調査で判明

印刷
通常の半分のサイズと値段のスイーツを購入したい人は88.2%(江崎グリコ調べ)
通常の半分のサイズと値段のスイーツを購入したい人は88.2%(江崎グリコ調べ)

   江崎グリコは2010年6月8日~9日、20代~50代の女性600人を対象にスイーツに関する意識調査を実施した。

   「店頭で通常よりもミニサイズのスイーツ商品を見かけると気になるか」と聞いたところ、「とても/すこし気になる」は69.5%。「通常の半分のサイズと値段のスイーツ商品があれば購入したいか」についても、「とても/少し思う」が88.2%にのぼる。ひと口サイズのスイーツのことは「姫グルメ」と呼ばれており、同社はこの結果から今後、ミニサイズの商品が注目されそうだと見ている。

   また、「同じ味や種類がセットになって販売されているものと、さまざまな味や種類の中から好きなものを選んでセットにできるのとでは、どちらがよいか」を聞くと、92.7%の人が「さまざまな味を選びたい」と回答。さらに、スイーツを少しだけ食べたいときが「ある」とする人は92.3%にのぼり、そのタイミングは、「疲れたとき」(72.0%)、「食後」(55.6%)、「ダイエット中」(29.1%)。「ミニサイズのスイーツは、ダイエット中だけでなく、日常生活の中でもより身近で心を癒す存在として求められていることがうかがえる」と同社は分析している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中