2018年 7月 17日 (火)

長崎「平戸和牛」、その実力ただものではなし

印刷
今すぐ食べたい!
今すぐ食べたい!

   長崎・平戸市で、特産の「平戸和牛」のフェアが2010年7月1日から10年10月31日まで開催される。

   「平戸和牛」は鎌倉時代末期に書かれた牛の図説書「国牛十図」にも記述があり、一説には黒毛和牛のルーツともされている。適度にサシが入った肉質で、さっぱりとしたうま味を楽しめるという。現在では、繁殖牛と肥育牛あわせて5000頭が飼育されている。

   フェアには、国際観光ホテル旗松亭、旅亭 彩月庵、焼肉 市山、晴れたり曇ったり、豊鮨など、宿泊施設17施設と飲食店14店が参加。牛肉をシンプルに食べるステーキや、一手間かけたカルパッチョ、握りずしなど、各施設・店舗が趣向を凝らした一品を用意する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中