「セカイカメラ」がauケータイで利用可能に

印刷

   KDDIと沖縄セルラーは2010年7月1日、auブランドで展開する携帯電話で「セカイカメラ」を利用できるアプリの提供を始める。

   配信するのは、「セカイカメラ」と、KDDIなどが研究していた「実空間透視ケータイ」なる技術をもとに開発したアプリ「セカイカメラZOOM」だ。携帯電話をかざすと文字や画像、音楽などのデータを埋め込んだ「エアタグ」と呼ばれるデジタル付せんがカメラから取り込んだ画像上や擬似的な地平線上に表示される。アプリはau契約者向けサイト「au one ラボ」で無料配信。

   「セカイカメラ」はITベンチャーの頓智ドットが開発したアップルの多機能携帯電話端末「iPhone」用ソフトで、電子情報である「エアタグ」を現実世界に重ねる「拡張現実(AR)」の一種。現在、企業のプロモーション活動などに利用されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中