フランスの大事な1日を祝う豪華ディナー

印刷
東京タワーがエッフェル塔に見えてくる?
東京タワーがエッフェル塔に見えてくる?

   ANAインターコンチネンタルホテル東京は、3つ星シェフのフランス人ピエール・ガニェールさんと提携する36階レストラン「ピエール・ガニェール」で、2010年7月9日から14日まで「ピエール・ガニェール・パリ祭特別ディナー」を提供する。

   「パリ祭」が開かれる7月14日は、フランスでは国民の休日になっており、当日はフランス各地で花火が打ち上げられ、前後日3日間に渡って街角や広場で人々が踊り歓声が上がる。

   夏の訪れと、バカンスシーズンの始まりを知らせる大切なこの日を祝し、フランス料理の代表格である、フォアグラ、フランス産平目、シャラン産鴨、ヨーロッパ産オマール海老などを使用したディナーコースを提供する。

   また、このディナーコースを注文すると、祝いの乾杯に相応しい「ドン・ペリニヨン2000」のグラスシャンパン1杯が無料でもらえる。

   価格は、1万7000円(サービス料別)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中