AKB48、ついに2次元に

印刷
みんなそっくり!
みんなそっくり!

   小学館は、2010年7月7日発売の少年漫画誌「週刊少年サンデー」32号で、アイドルユニット「AKB48」の初出演漫画を掲載している。

   メンバーが出演する人気ギャグ漫画「電脳遊戯クラブ」の作者小笠原真さんと、「AKB48」のプロデューサー秋元康さんが同誌上で対談したことによって実現した企画。選抜メンバーの大島優子さんや前田敦子さん、篠田麻里子さんら21人とカップリング曲を歌うアンダーガールズ19人、イチオシメンバー8人の総勢48人が「電脳遊戯クラブ」の作品世界を暴れまわり、揃ってリアクション芸を披露する。

   「週刊少年サンデー」32号の価格は、260円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中