「撮り鉄」テク&マナー ベテラン写真家が指南

印刷
「撮り鉄」になってみませんか?
「撮り鉄」になってみませんか?

   講談社は2010年7月8日、新刊本「『撮り鉄』入門 中高年・初心者のための撮影術」を発売した。

   鉄道ブームが高まる中、「撮り鉄」と呼ばれる鉄道の写真撮影を楽しむファンが増えている。本書はその「撮り鉄」初心者向けに、40年のキャリアを持つ鉄道写真家・南正時さんが書き下ろしたもの。基本的な撮影技術に加え、駅のホームでの撮影方法や、悪天候時の撮影テクニックなども伝授する。北海道から沖縄まで23か所にわたる絶好の撮影スポット情報も掲載した。

   一方で、希少価値のある写真を撮影するために、線路敷地内に立ち入るなどのマナー違反が社会問題となっている点にも配慮。「撮り鉄」が守るべきルールも紹介している。

   A5判111ページ。1365円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中