2018年 5月 23日 (水)

シェーバーにも「3D」、フィリップスから新シリーズ

印刷
左はフィリップス センソタッチ3D RQ1280CC、右はフィリップス センソタッチ1160CC
左はフィリップス センソタッチ3D RQ1280CC、右はフィリップス センソタッチ1160CC

   フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、フィリップス アーキテックシリーズに続く新たな電気シェーバーシリーズ「センソタッチ 3D」と中価格帯モデル「センソタッチ」を、2010年8月中旬に発売する。「センソタッチ 3D」は4タイプ、「センソタッチ」は2タイプある。

   「センソタッチ 3D」シリーズは新開発の「独立可動3Dシステム」を搭載しており、シェービングヘッドが3種類の独立した動きをすることで顔のあらゆるカーブに対応できる。アゴまわりのシェービングでも肌へのフィット感が増し、そりやすさが向上した。 価格はオープン価格。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中