「シミ」と「疲れ」に効く!? 女性に人気「L-システイン」の実力

印刷

   夏に向け、女性から高い注目を集める医薬成分がある。それが「L-システイン」だ。

   耳慣れない、という男性のために説明しておくと、この成分はアミノ酸の一種。「ハイチオールC」など、これが配合された商品はすでに世に出ており、シミ対策・美白目的で女性に服用されることが多い。

   女性の肌の悩みとして、常に上位にあげられる「シミ」。アミノ酸の一種である「L-システイン」は、シミの原因となるメラニンの過剰な生成を抑制して、シミを作らないよう働きかける効果を持つ。さらに、今できているシミにもアプローチし、肌に沈着した黒色メラニンを無色化し、肌のターンオーバー(代謝)を正常化するといわれている。

「疲れ」や「だるさ」を改善する効果がある

「ハイチオールCプラス」を手に説明する田代さん
「ハイチオールCプラス」を手に説明する田代さん

   一方、L-システインには、もうひとつの効能があるとされる。それは、食べ物(栄養素)をエネルギーに変える酵素の働きを助けて、体内エネルギーの産生をサポートすること。簡単に言うと、全身の代謝を助けて、「疲れ」や「だるさ」を改善していく…という効果だ。

   健康科学大学の調査(09年)でも疲労回復効果が認められた。

   疲労感のある20人にL-システイン配合製剤か、プラセボのいずれかを4週間服用してもらい、「体の調子が悪い」「朝起きた時ぐったりした疲れを感じる」など13項目の自覚症状を聞いたところ、L-システイン配合製剤を服用した群に疲労度の有意な低下が見られている。

   「シミ」「疲れ」両方の対策になるとすれば、これからのシーズンにありがたい。

   同成分ついて詳しく知るため、L-システイン製剤の老舗であるエスエス製薬を訪ねた。

ブログに「飲んで寝ると翌日、楽になる」

7月1日にリニューアル発売した「ハイチオールCプラス」
7月1日にリニューアル発売した「ハイチオールCプラス」

   同社はL-システイン製剤「ハイチオールC」シリーズを1972年から発売している。当時は男性の利用者も多かったという。

   「二日酔い対策、全身倦怠(疲れ・だるさ)の対策に愛用されていたようです」と、エスエス製薬「ハイチオール」のブランドマネージャー・田代園さんはいう。

   そもそもL-システインは肌や全身の代謝のほかに、肝臓で有害物を解毒するなど、多角的な効果が期待されている医薬成分だ。後に、愛用者から注目を浴びたのは「肌」への効果だった。

   「90年代の美白ブームの影響もあり、女性の利用者が一気に増えたようです」と田代さん。エスエス製薬の医薬品も「シミ、飲んで治そう、ハイチオールC」のキャッチコピーで有名だ。

   いくつかある効果から「シミへの効果」が有名になり、美白成分として定着した感のあるL-システイン。ところが田代さんは「いままた、「疲れ」に対する働きが女性から注目されているんです」と、成分の価値が変化していることを指摘する。

   近年、同社は約9万人の女性に、健康・美容に関する悩みを聞くという調査を行った。もっとも多かったのは「シミ」(48.6%)だったが、「疲れ」も36.6%と上位に食い込んだ。また、「ハイチオールC」のユーザーにも服用目的を尋ねところ、「シミ・そばかすを防ぐ」(81.5%)などが上位だったが、3人に1人が「疲れ・倦怠感の回復」(32.2%)を挙げた。

   医薬成分の本質は変化しないが、それに求める価値は社会背景やニーズ、服用したひとの実感で変わる。L-システインはその一例であるようだ。

   現在見られる個人のブログなどにも、「ハイチオールCを飲んで寝ると翌日、体が楽になる」といった女性からの書きこみが見られる。いまは美容とともに、「疲れ」や「だるさ」が女性の悩みに挙げられるようだ。

   この夏、リニューアルされた「ハイチオールCプラス」が2010年7月1日に発売された。田代さんは、「最近、疲れている女性が多いと聞きます。毎日忙しく仕事や家事などを頑張っているすべての女性に試していただきたい」と語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中