「運動・健康指数」総合1位は東北エリア、かんぽ生命調査

印刷
運動・健康指数分析
運動・健康指数分析

   ラジオ体操を通じ、顧客の豊かで充実した生活に欠かせない健康づくりを応援してきた「かんぽ生命保険」は、ラジオ体操が盛んになる夏休みを前に、夏の運動・健康についてインターネット調査(10~50代男女、1600人)を実施した。

   調査からは、いくつか興味深い結果が表れている。まず、「運動・健康指数」で「東北エリア」が総合1位になったのは「東北エリア」(102.8%)で、背景には東北エリアで暮らす人々は、体重だけでなくBMI値や体脂肪率を把握している人が多いことに加え、定期的に健康チェックのための検査を受診するなど健康への意識が高く、積極的に運動もしている人が多いという状況がある。

   次に、「運動習慣の指数」が最も高かったのは「近畿エリア」(105.9%)だ。このエリアは、1週間の平均運動時間は少ないが、通勤・通学など、日常の移動手段が「徒歩」や「自転車」と答えた人が多く、運動不足を感じている人も、他のエリアに比べて少ないことがわかった。

   ほかでは、「健康意識の指数」が最も高いのは「東北エリア」(107.9%)、「生活習慣の指数」が最も高いのは「九州・沖縄エリア」(101.8%)だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中