【NY発】映画やドラマに絶対欠かせない ニューヨーカーのマストアイテム

印刷

   ほとんどのニューヨーカーが、「NYを代表する物」の1つとして、ダイナーやデリのテイクアウトコーヒー用のペーパーカップを挙げると思います。

   このペーパーカップには、ギリシャ風水差しアンフォラ、3つのコーヒーカップから立つ湯気の中に「WE ARE HAPPY TO SERVE YOU」とプリントされており、NYを舞台にする映画やドラマには欠かせない小道具アイテムでもあるのです。

カップの売り上げを伸ばすために発案

どこを探しても見つからないオリジナル
どこを探しても見つからないオリジナル

   これをデザインしたのは、チェコスロバキアからホロコーストを逃れてアメリカに逃れて来たレズリー・バックさん。ペーパーカップを売るセールスマンだったバックさんは、カップの売り上げを伸ばすため、ダイナーやコーヒーショップのオーナーにギリシャ移民が多かったのを考慮して、ギリシャの国旗から取った白と青を基調に、ギリシャ風水差しなどを取り入れてデザインしたのです。しかし、デザイン権を登録したわけでなかったので、このカップは、ニューヨーク市場を意識するペーパーカップ会社にとってマストアイテムになり、瞬く間に広がったのでした。

   ところが、1994年にスターバックスがNYに上陸して、200近いカフェをオープンしてからというもの、当時500億個作られていたこの紙カップは、2005年には200億個に落ち込み、ダサいカップという扱いを受けるようになってしまいました。9.11のテロアタックの後は「I LOVE New York」や、星条旗の赤、白、ブルーを使った愛国的なデザインの売り上げが伸びて、あのバックさんのオリジナル紙コップはどこへやら、追いやられてしまったのでした。

オリジナルカップは見つからない!

美術館で見つかったオリジナルがコレ
美術館で見つかったオリジナルがコレ

   そうなると人間、ギリシャ風水差しが描かれたオリジナルカップを探したくなるものです…ということで、トライしてみました。街角に必ずあるデリやダイナーのテイクアウトコーヒーを、飲みまくりました。しかし、出されたペーパーカップには、パルテノン神殿、竪琴を弾く女性、円盤を投げようとしている男性のイラスト、文字も「We Are Pleased to Serve You」「It's Our Pleasure to Serve You」「Serving You Is a Pleasure」あれ?あれ?なんか違う。オリジナルカップは、こんなに見つからないものなの?

   オリジナルカップは、これほど見つからないというのに、NYのお土産屋に行くと、この紙コーヒーカップのデザインを使ったものが、Tシャツ、トートバッグまで見つかります。ニューヨーク市の公式ギフトショップサイト「city store(http://a856-citystore.nyc.gov/)」や、美術館のギフトショップには、陶器のマグや、物乞いが小銭を恵んでもらうのに使う紙カップをもじった財布なども売られています。

   ニューヨークを訪れた際には、このバックさんのデザインしたオリジナルカップを探してみては?ギリシャ風水差しと「WE ARE HAPPY TO SERVE YOU」が、目印です。デリのコーヒーは、1ドルでおつりがきますよ。

坂本真理

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中