2018年 7月 16日 (月)

ハイチの子どもたちに贈る「サンダル」デザイン決定

印刷
受賞作品
受賞作品

   ブリヂストンFVSは2010年7月20日、国内市販用タイヤのフランチャイズチェーン「タイヤ館」で実施された「エコピア・サンダルデザインコンテスト」の優秀作品5点を選出。優秀作品をプリントしたサンダル5000足を、ハイチ共和国の避難所などで暮らす子どもたちに寄贈することを決めた。

   同コンテストは「エコピア・サンダル・プログラム」の一環として行われたもので、小学生以下の子どもを対象にサンダルのデザインを募集。「タイヤ館」の店頭とwebサイトで10年2月19日から5月31日まで実施され、応募総数は9399通だった。

   寄贈先のハイチ共和国は10年1月12日に発生したマグニチュード7.0の大地震で被害に遭い、被災地は今でもがれきが散乱、多くの子どもが裸足での生活を余儀なくされている。同社は、破傷風や裂傷などの危険にさらされている現状を軽減させたい考えだ。

   ちなみに、同コンテストの第2弾を実施中で、期間は10年9月30日まで。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中