2018年 7月 18日 (水)

佐渡島のトキ、がんばって生きてます

印刷
『トキ物語~佐渡島から』
『トキ物語~佐渡島から』

   産経新聞出版から2010年4月に発売された写真集『トキ物語~佐渡島から』(著・大山文兄)が話題になっている。

   新聞協会賞を受賞した産経新聞写真報道局勤務・大山文兄カメラマンが、1年半にわたって佐渡島のトキをカメラに収めた。大山氏が放鳥トキの撮影にかかわるきっかけになったのは「9太郎」「みかんちゃん」という2羽のトキとの出会い。2008年11月、この2羽が放鳥後、初めてペアとなり、自然界での繁殖が期待されているときに大山氏は佐渡入りし、「みかんちゃん」が鳥に襲われる場面を目撃。5日後に「みかんちゃん」は山中で死がいとなって見つかったという。

   同書に収められた数多くのトキの姿は、美しく活発でくったくなく、日本の四季を存分に楽しんでいるように見える。国債保護鳥に指定されているトキのことを、われわれ日本人はどこまで知っていたのだろうか、そう自問したくなる一冊だ。

   解説は山階鳥類研究所名誉所長の山岸哲氏が担当。

   単行本、94ページ。定価1575円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中