海老蔵、天才から教えられた「眼に見えない大切なもの」

印刷
市川海老蔵初の対話集
市川海老蔵初の対話集

   講談社は、2010年7月22日、新刊本『市川海老蔵 眼に見えない大切なもの』を発売した。

   同書は市川海老蔵さんが脳科学者・茂木健一郎氏とともに「天才」をテーマに語り合ってきた「Grazia」での不定期連載を書籍化したものだ。対談のテーマはレオナルド・ダヴィンチ、空海、石川五右衛門、木村秋則。「天才たちは、いかにして天才になったのか」を探っていくなかで、「眼に見えない大切なもの」が見えてくる。

   特に、無農薬・無肥料でのりんご栽培を8年以上かけて成功させた農家経営・木村秋則氏との鼎談(ていだん)が興味深い。木村氏は「竜を見た」ことがあったが、竜の乗った松の枝は1本たりともかしいでおらず、「(竜の重さは)1グラムもない」(木村氏)とする発想に、自身も竜を見た経験がある海老蔵さんは「考えたこともなかった」と舌を巻いた。そんな木村氏は、話が自然栽培に移って、こんな言葉を口にする。

「昆虫や鳥や木や、いろんな生き物の中で人間も生きている。それでひとつの地球。私、いつでもそう思っているの。人間の中に地球という星があるのではないと思うの」

   これに対して、海老蔵さんはこう答えた。

「今の人間は、地球が自分のものみたいな顔でいますからね。畑で、鳥はおいしいりんごしかついばまないと教えてもらったけれど、そういうことを忘れている」

   歌舞伎や結婚、家族、そして日本の未来についても語り尽くした最新のソロインタビューも収録。「人間・市川海老蔵」の魅力を満載した一冊だ。

   単行本、四六判、200ページ。価格1575円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中