プラチナ萬年筆、「出雲」に込めた伝統

印刷
「溜塗り万年筆」(上)と「鉄刀木万年筆」(下)
「溜塗り万年筆」(上)と「鉄刀木万年筆」(下)

   プラチナ萬年筆は、高級万年筆としては「#3776」、「プレジデント」に継ぐ16年ぶりとなる新ブランド「出雲」を2010年8月1日より発売する。

   第1弾となる2種類のうち、漆をまんべんなく塗り込み、一本一本磨くことで表面に鮮やかなツヤを出している「溜塗(ためぬ)り万年筆」は8月1日から、希少材とされる「鉄刀木」の特に硬い中心部分を選び、職人の手作業で丁寧に仕上げた「鉄刀木万年筆」は9月1日から販売される。

   価格は「溜塗り万年筆」(品番:PIZ-55000)が5万7750円、「鉄刀木万年筆」(品番:PIZ-50000T)は5万2500円。それぞれに出雲巻紙「三椏(みつまた)」手すき和紙が付属する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中