「ファクス受信」光と音でお知らせ

印刷
ファクス受信にすぐ気づく
ファクス受信にすぐ気づく

   レッツコーポレーションは2010年7月下旬、ファクスの受信を知らせるアラームセンサー「FAX見張隊 紙センサー」を発売した。

   本体をファクス受信機の用紙排出トレイに取り付けると、ファクスの受信後にプリントされる紙を感知して、光と音で受信を知らせる仕組み。従来のファクス受信センサーは、ファクス通信固有の音声信号を検知する方式が主流だったが、この方式では、普及が進んでいるインターネット回線を使った「IPファクス」に対応できないという問題があった。同社によれば、用紙検出方式を採用したのは世界で初めて。

   想定価格は1万5800円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中