天才ピアニストの「指」に隠された衝撃ミステリー

印刷
生誕200周年、悲劇の天才作曲家シューマンに捧げる本格音楽ミステリー
生誕200周年、悲劇の天才作曲家シューマンに捧げる本格音楽ミステリー

   1994年に『石の来歴』で芥川賞を受賞した奥泉光氏は現在、近畿大学国際人文科学研究所の教授をしているが、ジャズバンドでフルート奏者としてセッションするなど、多趣味というた多才な人物だ。著書も、ミステリーやSF、幻想文学、歴史小説とジャンルにとらわれることなく発表している。そんな奥泉氏の最新作『シューマンの指』(講談社、2010年7月23日発売)は、同氏の音楽に対する造詣の深さが土台にあるのはいうまでもない。

   同作品は、シューマンに取りつかれた天才美少年ピアニスト・永峯修人と、永峯にあこがれる主人公「私」を軸に繰り広げられるミステリーである。2人の高校時代に起きた女生徒殺人事件、修人が大事な指を切断するという大ケガ・・・不幸な出来事は、30年あまりを経て、一つの線で結ばれる。指再生手術や「修人」という名の意味など、衝撃の結末は圧巻の一語だ。

   単行本、322ページ。定価1680円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中