2018年 7月 22日 (日)

3Dテレビ「ビエラ」 世界初オールインワンタイプ

印刷
やはり今年は3Dテレビの年
やはり今年は3Dテレビの年

   パナソニックは、3D映像対応の地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンプラズマテレビ「3D VIERA RT2Bシリーズ」を2010年8月27日に発売する。

   ブルーレイ3D対応のブルーレイ・ディスク(BD)ドライブとHDDを内蔵した「オールインワン」モデルは世界初だといい、1台でフルハイビジョン3Dを手軽に楽しむことができる。

   パネルは残像による重なりをおさえ、クリアな3D映像を実現する「フル・ブラックパネル」を採用。また、センサーが視聴環境を検知し、明るさや画質を自動調整する「エコナビ」などの機能も搭載している。

   想定価格は46V型が44万円前後、42V型が39万円前後。

   また、専用の3Dグラスも同時に発売で、かけやすさにこだわり、従来品に比べ約40%減の軽量化を実現。頭のサイズに合わせてS・M・Lの3サイズから選べる。想定価格は1万3000円前後。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中