2018年 7月 18日 (水)

歴女注目の「名古屋おもてなし武将隊」純金しおり 

印刷
上段左から、前田利家、織田信長、前田慶次、下段左から、徳川家康、加藤清正、豊臣秀吉
上段左から、前田利家、織田信長、前田慶次、下段左から、徳川家康、加藤清正、豊臣秀吉

   三菱マテリアルは、名古屋開府400年を記念して「名古屋おもてなし武将隊」のブロマイド風純金しおりを発売する。

   純度99.99%の純金を厚さ約7~10数ミクロンの薄板に圧延したものをラミネート保護し、その上に「六武将」のデザインを施したもので、発売は2010年8月6日から開催の「名古屋城宵まつり」に合わせた。

   「名古屋おもてなし武将隊」とは、名古屋市が開府400年に合わせて結成させた、名古屋ゆかりの六武将(織田信長・豊臣秀吉・徳川家康・前田利家・加藤清正・前田慶次)と四陣笠隊によるユニットのこと。毎日、名古屋城で観光客の出迎え・観光案内・記念撮影などの「おもてなし」を行っており、女性を中心とした歴史愛好家たちの間で人気になっている。

   価格は4200円(金価格の変動により変更になる場合あり)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中