ドラゴンボール新規描き起こしアニメ制作決定、新作ゲームに収録

印刷
(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション(C)2010 NBGI
(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション(C)2010 NBGI

   バンダイナムコゲームスは2010年11月11日、プレイステーション3/Xbox360用ソフト「ドラゴンボール レイジングブラスト2」にドラゴンボールの新規描き起こしアニメを収録する。

   アニメは「ドラゴンボール 超サイヤ人絶滅計画」と題して、ファミリーコンピュータ用ソフト「ドラゴンボールZ 外伝 サイヤ人絶滅計画」(93年8月発売)と同名のオリジナルビデオアニメをベースにしたリバイバルアニメーションを収録。全篇にわたって新たに作画とシナリオを再構成するとともに、最新の映像技術でフルリメイクした。

   本作は、前作ソフト「ドラゴンボール レイジングブラスト」(09年11月発売)を大幅にバージョンアップさせた格闘アクションゲーム。新キャラクターを含む総勢100体のキャラクターは、アニメテイストの表現とCGの質感を融合させ、よりリアル感が増した。新バトルシステムや新モードを導入しており、前作以上の白熱のバトルが楽しめる。

   価格は7329円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中