工作や体験で学ぶ「3Dの原理」 ソニーがワークショップ開催

印刷
昨年のワークショップ風景
昨年のワークショップ風景

   ソニーは、2010年8月21日、22日の2日間、ソニー・エクスプローラサイエンス(東京・港区、台場メディアージュ5F、以下SES)で、日本科学未来館の科学監修協力のもと、3Dをテーマに、学ぶ喜び・楽しさを体験できる『どうして3Dに見えるのかな? - つくって、わかる。3Dワークショップ』を開催する。

   このワークショップは、科学教育活動ソニー・サイエンスプログラムの一環として実施するもので、デジタルカメラで撮った2枚の写真を3Dで見るためのサポートツール「ミラーゴーグル」をつくる体験を通じ、人の目が3Dを認識する仕組みを楽しく学べる。講師は、3D技術の開発に携わっているソニーのシニアエレクトリカルエンジニア・福井 隆之氏が務める。

   対象は小学4~6年生の児童(保護者見学可能)で、定員は各日32人。ワークショップ参加費は無料だが、SES入場料(大人500円、子ども300円)が別途かかる。詳しくはこちら(www.sony.co.jp/ssp/)。

ソニー
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中