「携帯電話を公然といじらない」 転職成功への行動法則45

印刷
目からウロコ・・・
目からウロコ・・・

   今の時代、転職などまったく珍しくない。2、3度している人もザラだ。ただ、転職を前に、しっかり「準備」をして新しい環境に入っているかというと、決してそうではないだろう。

   ディスカヴァー・トゥエンティワンから2010年7月17日に発売された新刊本『転職1年目の仕事術』(著・千田琢哉)が話題になっている。次代創造館代表で、イノベーションクリエイターである千田氏が、コンサルティング業界における豊富な経験から、「転職を成功させる45の行動法則」を指南しており、これがまたじつにニクいところを突いているのだ。

   いくつかそのタイトルを紹介しておこう。

「最初のあいさつで『まだ何もわからない未熟者ですが』と言わない」
「腰の低さは新入社員、仕事の中身は年齢以上を目指す」
「年下の上司にこそ気を遣わせない」
「会議の10分前には席についておく」
「前の会社で『苦手なタイプ』だった人に積極的に話しかける」
「携帯電話を公然といじらない」
「自分を採用してくれた担当者に暑中見舞いと寒中見舞いを出す」
「はじめの指名はたったひとつ『直属の上司を最短出世させること』」

   これらすべてに、理由があり、納得させられるものが多い。

   転職を控えているだけでなく、転勤が予定されている人にも、大いに参考になるはずだ。単行本(ソフトカバー)、200ページ。定価1470円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中