関東圏初、平山郁夫追悼展 ホテルオークラで29日まで開催中

印刷

   企業文化交流委員会は、「第16回秘蔵の名品アートコレクション展 平山郁夫 平和への祈り」(主催・企業文化交流委員会)を2010年8月4日から29日まで、ホテルオークラ別館地下2階の「アスコットホール」で開催している。

   「アートコレクション展」は今年で16回目を迎える、毎夏恒例のチャリティーを主旨とした展覧会。今回は、美術界に多大なる貢献を果たし、09年12月に他界した日本画家・平山郁夫氏をしのび、初公開作品を含む78点を展示する。

   ホテルオークラとは、ホテルオークラ神戸のロビーに平山氏の「豁然開朗(かつぜんかいろう=津田の松林)」が掲げられたのを機に親交があり、今回の展覧会でも同作品が神戸から運ばれて展示される。

   入場料は一般が1200円、大学・高校生が1000円、小・中学生が無料。開催時間は、10~18時(金曜日は10~20時)、最終入場は閉館の30分前まで。ただし開催初日の8月4日は12~20時、最終日8月29日は17時まで。なお純益のすべては、企業文化交流委員会を通じて日本赤十字社およびNHK厚生文化事業団に寄付されるとのこと。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中