プロ野球、最高の試合は何? セパ12球団の選手投票

印刷

   日本野球機構(NPB)は2010年8月9日、セパ12球団の選手と監督・コーチが選ぶ「最高の試合」と「名勝負・名場面」を発表した。

   「最高の試合」として選出されたのは、1994年10月8日の読売ジャイアンツ―中日ドラゴンズ戦。後に10.8決戦と呼ばれた試合は史上初めて、公式戦の勝率が同率首位同士による直接対決で、勝者がリーグ優勝を決める天王山だった。

   前半戦から首位をキープしていた巨人が8月下旬から大失速したのに対し、中日が激しく追い上げたことにドラマ性があったことや、当時の巨人・長嶋茂雄監督が「国民的行事」と呼んで興味がかき立てられたことで、日本中を巻き込む関心事に。テレビ視聴率は関東地区で実に、48.8%をたたき出している。試合は、巨人が槙原寛己-斎藤雅樹-桑田真澄投手の豪華リレーで勝利し、その後の日本シリーズも制した。

   「名勝負・名場面」に選ばれたのは、2009年10月21日の北海道日本ハムファイターズ-東北楽天イーグルス【クライマックスシリーズ第2ステージ 第1戦】だ。楽天はレギュラーシーズン2位の結果を残し、球団創設5年目にしてはじめてクライマックスシリーズに進出。試合は、楽天ペースのまま9回の表が終わって8-4。ところがその裏、日ハムが一死後、ヒットと四球でつなぎ、5番スレッジ選手が逆転満塁ホームランを放って勝負を決める劇的な幕切れだった。

   特設webサイトでは、これらの最高の試合と名勝負・名場面について、「総合」「監督・コーチ」「選手」「球団」などのカテゴリーにわけられ、ランキング形式で掲載されており、オールドファンにとって懐かしい試合も多い。ちなみに、ノンフィクションライターの山際淳二さんの徹底取材でも知られる名勝負「江夏の21球」【1979年11月4日 近鉄-広島日本シリーズ第7戦】は、監督・コーチが選ぶ「名場面・名勝負」の第3位にランクインしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中