東京湾に花火1万2000発 ヒルズ屋上でも絶景鑑賞会

印刷
約150人が、標高270メートルからの眺めを楽しんだ
約150人が、標高270メートルからの眺めを楽しんだ

   東京湾を約1万2000発の花火が彩る「東京湾大華火祭」が2010年8月14日行われ、東京・港区の六本木ヒルズ森タワーの展望台「東京シティビュー」でも、多くの人が盛夏の夜空を彩る大輪に酔いしれた。

   「シティビュー」の中でも、標高270メートルにある屋上展望台「スカイデッキ」は、屋外展望台としては日本一の高さ。周辺に視界をさえぎる建物が少なく、東京タワーやお台場方面を一度に見渡せる。同花火大会の鑑賞イベントが行われるのは3回目で、大人1人3500円という入場料設定にもかかわらず、約3000人が応募。20倍をくぐり抜けた約150人が当選していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中