2018年 5月 24日 (木)

できたて化粧品、ヤクルトがお届け

印刷
シンプルでスタイリッシュなボトル
シンプルでスタイリッシュなボトル

   ヤクルト本社は、インターネット通販専用の化粧品ブランド「ikitel(イキテル)」の注文受け付けを2010年9月1日から開始する。

   独自の乳酸菌由来の保湿成分に加え、数種の植物エキスや「富士山の地下水」を配合しさらにパラベン・香料・着色料フリーの肌にやさしい化粧品。

   インターネット限定で注文を受けてから生産する「完全注文生産システム」を導入することで、できたての商品が届けられるという仕組みだ。

   第1弾として販売されるのは「クレンジング」(150mL/2100円)と、「ウォッシング(洗顔料)」(150mL/2100円)、「ローション」(120 mL /3150円)、「エッセンス(美容液)」(30 mL /3675円)の4種。

   はじめは1か月に2回予約注文を受け付け、最大2週間ほどで手元に届くという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中