2018年 7月 21日 (土)

約6割が「スマートフォン活用できていない」

印刷

   iPhoneやXperiaなどのスマートフォン(多機能携帯端末)利用者の多くが、十分に機能を活用できていないことが、2010年8月に行われたインターネット調査でわかった。

   調査によると、「スマートフォンを購入したが、活用できていない」と答えた人は過半数(約56%)に上り、「スマートフォンの使用方法にとまどった経験がある」と答えた人も約86%と多かった。理由としては、設定が難しい、従来の携帯と操作方法が違うから、操作に慣れていないなどが挙がっており、約71%の人が「スマートフォンサポートに特化したサービスがあれば、利用したい」と回答している。

   こうしたなか、スマートフォンを自由に試せる「ドコモスマートフォンラウンジ」を10年8月に東京・丸の内にオープンさせたNTTドコモでは、9月からスマートフォンに特化した新たな社内資格「スマートフォンマイスター」を順次導入する予定で、スマートフォンユーザー向けのサポートを強化している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中