2018年 7月 22日 (日)

かまどのような炊き上がりをめざした厚釜

印刷
圧力による炊き上がりで、甘みを約2割アップ
圧力による炊き上がりで、甘みを約2割アップ

   東芝ホームアプライアンスは、お米への吸水性を向上させた独自の「真空技術」に加え、新たに「遠赤鍛造ダブルダイヤモンド銀釜」を採用して、「かまどのような炊き上り」をめざした「真空圧力IH保温釜 RC-10VGD/18VGD」を、2010年9月中旬に発売する。

   同社は、ごはんをおいしく炊くため、お米の芯までムラなく吸水させる「浸し」にこだわり、独自の真空機能を使って、短時間で均一な吸水をめざしてきた。新製品では、真空までの到達時間を従来の機種より、さらに13%短縮した。

   また、釜底厚5ミリの鍛造厚釜の表面に高熱伝導素材の銀に加え、熱伝導のよいダイヤモンドと遠赤素材をコーティングした「遠赤鍛造ダブルダイヤモンド銀釜」を新たに採用。これに遠赤ブラックコーティングを施した内蓋と内枠リングを加えることで、釜全体を包み込むようにして最大1.2気圧の高火力で炊き上げるようにした。

   炊飯コースには、新たにお米本来の甘みを引き出す「かまど名人」コースを採用。色は、パールブラックとパールホワイト。オープン価格。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中