俺は「モテる」と勘違いするな ギャル男メイクに3か条要求

印刷

   以前、ギャルウォッチで紹介した「ギャル男のギャル化」現象を覚えていますか?

   このコラムでは、ギャル男たちの中でメイクをすることが密かに流行っているとお伝えしましたが、最近では、彼らのメイクに対してのこだわりがさらに強まっているようなのです。

メイクに情熱を注ぎ込むギャル男

やってはいけない! どーん!
やってはいけない! どーん!

   約1年前までのギャル男たちは、ファンデーション・シャドウ・アイラインを使用するのみでしたが、今ではシェーディングやマスカラまでするという徹底ぶり! ファンデーションであっても下地やコンシーラーから塗り、ギャルメイクとあまり変わらないような手順でメイクをするようになってきているようです。

   しかし、メイクに情熱を注ぎ込むギャル男の思いとはうらはらに、相変わらずギャルウケ度は良くありません。「男らしくない!」「きもい!」といった非難も集めているようです。

   そこで、今回はメイクをするギャル男たちに向け、100歩譲って、どうしてもメイクをしたいならば、コレだけは勘弁して! という『やってはいけないギャル的メンズメイク3か条』をご紹介したいと思います。ギャルたちは一体、どんな3か条を提案しているのでしょうか!? 次の3つが挙げられました。

【やってはいけないギャル的メンズメイク3か条】
○完コピメイクはするべからず
○トータルバランスを重視せよ
○モテると勘違いするべからず

「自分の欠点を隠すメイクをするべきっしょ!」

   それでは、この3か条を詳しく説明していきましょう。

   1つ目は『完コピメイクはするべからず』。この3か条を考えてくれたギャルたちによると、

「最近メンズ雑誌でもメイクページが増えてきたからって、そのページをそのまんま真似してるギャル男っていない?」
「いるいる~!!でも、目の形と眉毛がチグハグだったり…元々イケメンなのに半減するような感じになってるギャル男もいるよね!メイクするんだったら、もっと自分の欠点を隠すメイクをするべきっしょ!」

   ギャルから言わせると、ただ単にメイクをすれば「盛れる」というわけではなく、自分の欠点をカバーするようなメイクをすることがポイントだと言います。

   ギャルたちの声とは逆に、雑誌に載っているメイクを完全コピーすればいいと思っているギャル男たちが多いようですが、まずは自分の顔を生かすメイクを研究するのが、はじめの一歩!

   2つ目の『トータルバランスを重視せよ』は、メイクや髪型だけを気にしてはいけないというものです。

「このファッションにはこのメイク! って感じで服装によってメイクも変えないと、どんなに頑張ってメイクしても結局なんかイマイチな子になっちゃうよ!」

   盛りたいからメイクを研究するのではなく、盛りたいならメイク・ヘア・ファッションの全てを研究する必要がありそうです!

   3つ目は『モテると勘違いするべからず』で、これは「メイクをする」⇒「盛れる」⇒「モテる」というものではないとギャルたちは言います。

   女子の場合は、メイクをうまく盛れたら「モテる」に直結するケースは多々ありますが、メンズがメイクをして盛れたからといって、モテるわけではありません。盛る=キモイに直結するケースが多々あることを十分に理解すべし!

   以上が、ギャル男メイクをする上でやってはいけない3か条になります。加速するギャル男たちの「盛り魂」と、ギャルたちの冷ややかで厳しい視線はこれからも比例していく予感です。

GRP副編集長 アミーゴ

【GRP】 GRPとは、「ギャル・リサーチ・プレス」の略で、「ギャル診断テスト」を受け、合格した正真正銘のギャル限定の会員で行われるリサーチ&ランキングからなるエンタメサイト。平均17.2歳、全国各地のギャルたちからアンケートを収集し、そのデータをもとにランキング形式で公開している。流行に敏感で、流行を作り出す「ギャル」オンリーのリサーチ情報なので、通常のランキングとはひと味違う近未来予測的なものとなっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中