いい音聴かせる「サイレントギター」

印刷
写真は、「SLG110N」
写真は、「SLG110N」

   ヤマハは、サイレントギター「SLG110S」「SLG110N」「SLG130NW」を2010年10月1日に発売する。

   サイレントギターの発売10年目を迎え、さらなる音質と演奏性の向上を実現したもの。自然な残響を加える「リバーブ」に加え、「コーラス」と「エコー」のエフェクトタイプを追加したため、練習用だけでなくステージユース、レコーディングなどの場面でも活用できる。

   モデルは、演奏スタイルに応じて3種類を用意。「SLG110S」(7万3500円)は、フォークギターやエレキギターからの持ち替えもスムースに行えるスチール弦仕様。「SLG110N」(7万3500円)は、弾きやすいナローネックタイプ。「SLG130NW」(7万8750円)は、一般的なクラシックギターと同様の指板とネック形状を採用したナイロン弦モデル。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中