レクサス、新アーティスティックライン 全国11か所で展示キャラバン

印刷
レクサスアンバサダーを務める知花くららさんと森理世さんレクサスアンバサダーを務める知花くららさんと森理世さん

パティシエの勝間さんと谷道さんが作成したマカロンの「カラーアートオブジェ」 パティシエの勝間さんと谷道さんが作成したマカロンの「カラーアートオブジェ」

   レクサスの新しいアーティスティックライン「LEXUS Art Works」の発売に合わせ、全国11か所で実施される新車両の展示イベント「LEXUS Art Worksキャラバン」の出発式が2010年8月26日に都内で開催された。レクサスアンバサダーを務めるモデルの知花くららさん、森理世さんも出席し、「(キャラバンでは)色鮮やかな展示で会場を彩ります」とPRした。

   展示される新車両「LEXUS Art Works」は、「Colors of Time(時間という彩り)」をテーマとしており、内装を若者向けにカラーコーディネートしたのが最大の特徴。朝の光をイメージした鮮やかなブルーのモデル「IS」、真昼の陽射しが作り出す光のコントラストをイメージした赤色のモデル「RX」、夕暮れの光が車内を温かく包み込む橙色のモデル「GS」の3カラーを展開する。そのコンセプトと色合いについて、イベントで登壇したデザイン開発部・宍戸恵子さんは「自分らしさやこだわり、個性といった機能だけではない情緒的な価値を重視する方々に向けて開発しました」と説明した。

   イベントではほかに、レクサスのカラーアートを身近に体験できるレクサスオリジナルカラーアートアプリケーションの体験コーナーを設置。アプリは、多機能携帯電話iPhone(アイフォーン)で撮影した写真などを用いて「カラーアート」を作成するもので、iPhoneの画面をタッチしたり、シェイクしたりすると、ストライプ、リボン、サークルと3つの形に変化していく様子が楽しめる。

   また、洋菓子の国際大会で世界一に輝いた仏洋菓子店「オクシタニアル」のパティシエ・勝間健次さんと谷道理絵さんが作成した、全国を回るキャラバンの各場所をイメージしたマカロンのカラーアートオブジェの展示もある。どんなオブジェがあるのかを問われた谷道さんは「(会場に)来ていただいてからのお楽しみ」と笑顔で話していた。

   キャラバンは10年8月下旬から10月上旬にかけて全国をめぐり、主な会場は東京・青山の「レクサスインターナショナルギャラリー青山」(8月27日~9月12日)、大阪市の「なんばパークス」(9月18日~20日)、横浜市の「赤レンガ倉庫」(9月23日~26日)など。また、ツイッターとの連動キャンペーンも行われ、10年8月25日~10月24日の期間中、@LEXUS_awjpをフォローし、毎日変わるテーマに投稿すると、抽選で隔週5人にキャラバンがめぐる都市の名産品や特製クッションをプレゼントする。投稿の際はハッシュタグ「#lexus_awjp」を必ず入力すること。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中