新潮社「フォーサイト」がウェブ版で復活

印刷
ウェブ版として復活した国際情報誌「フォーサイト」
ウェブ版として復活した国際情報誌「フォーサイト」

   新潮社は2010年9月1日、国際情報誌「フォーサイト」をウェブ版として立ち上げたことを発表した。

   装いを新たにした紙媒体を持たないメディアとして、双方向性を生かしたコンテンツ配信を行う。各分野のスペシャリストが受け持つコンテンツ「専門家の部屋」では、より深い情報分析を試していくといい、東京財団上席研究員の渡部恒雄氏、春名幹男・名古屋大大学院特任教授らが担当するページもある。また、会員同士による情報交換の場も設ける。

   同誌は1990年に創刊された雑誌で、10年3月をもって休刊。今回は5か月の準備期間を経ての復活となる。価格は月額800円。決済方法はクレジットカードで。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中