ポップユニット「相対性理論」ら参加、原宿でライブ

印刷
やくしまるえつこ率いるポップユニット「相対性理論」にフィーチャーする「LAFORET SOUND MUSEUM 2010」
やくしまるえつこ率いるポップユニット「相対性理論」にフィーチャーする「LAFORET SOUND MUSEUM 2010」

   ラフォーレミュージアム原宿(東京・渋谷区)で2010年9月30日、オリジナル・ショーケース・ライブ「LAFORET SOUND MUSEUM 2010」が行われる。

   4回目の実施となる今回は、やくしまるえつこ率いるポップユニット「相対性理論」が出演し、音楽家・批評家としても活躍する大谷能生さんとのセッションを予定。彼らが主題歌を手がけた映画「乱暴と待機」(10年10月9日公開。出演は浅野忠信さん、美波さん、小池栄子さん、山田孝之さんほか)で監督をつとめた冨永昌敬さんも出演し、スペシャルセットによるライブも行われる。

   また、オープニングゲストには、ライブドキュメント映画「ライブテープ」の出演で話題を集めたシンガーソングライター・前野健太さんが登場。日常の機微を丁寧にすくい上げる歌詞、ポップなメロディーは必聴だ。

   チケットは前売券が3000円、当日券が3500円。19:30開場、20:00開園。オールスタンディング。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中