2018年 5月 22日 (火)

思い出の写真は3Dで残そう

印刷
思い出を立体的に残そう
思い出を立体的に残そう

   タカラトミーは、三次元(3D)写真が撮影できるデジタルカメラ「3D Shot Cam(スリーディーショットカム)」を、2011年春に発売する。

   左右の目の間隔ぶん開けた2つのレンズで、「右目で見た景色」と、「左目で見た景色」を一度に撮影。

   撮影した画像は、自宅のプリンターや、写真店などでL版サイズに出力する。ビューアーの内側にカメラで撮影したプリント写真をセットして、明るい場所でレンズをのぞくと、内部の写真が立体的に見えるという仕組みだ。

   セット内容は、カメラ本体(ホワイトとピンク)と、専用レンズ付きビューアー2枚。

   価格は、5980円を予定している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中