スティックからプレートへ ウォークマンの新Eシリーズ

印刷
画像は「NW-E050Kシリーズ」
画像は「NW-E050Kシリーズ」

   ソニーはリニューアルしたウォークマンEシリーズ「NW-E050シリーズ」「NW-E050Kシリーズ」計4機種を、2010年10月9日から発売する。

   デザインをスティックタイプからプレートタイプに一新。1.4型高精細カラー液晶を搭載し、操作ボタンや表示アイコンも大きくなった。再生面では独自の高音質技術「DSEE」を追加し、より自然な音を再現するほか、歌詞の自動スクロール表示機能「歌詞ピタ」や自動選曲機能「おまかせチャンネル」も搭載する。

   このほか、CD/MDプレーヤーなどから音楽を直接録音できる「ダイレクトエンコーディング機能」や付属ソフト「x-アプリ」を介さずにも曲を追加する「ドラッグ&ドロップ方式」を採用した。

   価格はすべてオープンだが、直販サイトでの販売予定価格は本体のみの「NW-E052」(2GB)が7980円、「NW-E053」(4GB)が9980円、スピーカーセットの「NW-E052K」(2GB)が9980円、「NW-E053K」(4GB)が1万1800円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中