ファッション発信地で発見  レトロ青果店の食用ほおずき

印刷

   東京・表参道にぽつんとたたずむ1軒の青果店が話題になっている。店の奥には木製のベンチが置かれており、店の人とまったり世間話をしてしまいそうな、昭和な雰囲気が漂う。

偏ったラインアップが特徴

(写真上)食用ほうずき。あまずっぱくてフシギな味です(写真下)こだわって作った野菜ばかり
(写真上)食用ほうずき。あまずっぱくてフシギな味です(写真下)こだわって作った野菜ばかり

   「表参道市場 伝」は、表参道駅から徒歩3分、青山通りから小道を奥に入ったところにある。美容院やレストラン、最新のファッションビルに囲まれた2階建ての木造建築。格子戸を見て駄菓子屋かと思い近づいてみたら、ちょっと変わった青果店だった。

   約5坪の売り場スペースに置かれた畳2枚ほどの平台には、トマト、オクラ、ゴーヤにナスといった夏野菜が並んでいた。壁際の棚には調味料、ジャム、ドレッシングに、おしゃれな食器まで売られている。

   商品の多くは関東の農家から直接仕入れる。主催する大森裕子さんは、セレクトの基準を「母が子どもに食べさせたいもの、父が子どもに残したいもの」だという。旬を大事にするので、別々の農家からニンジンが4種類集まった、ジャガイモが8種類集まったと、偏りが生じることもしばしば。スーパーのように年中欲しい品物が揃っていない場合もあるが、代わりに1年で最もおいしい時期の野菜に出合える。

   店で品定めをしていると、「珍しい野菜もありますよ」と、食用ほおずきを試食させてくれた。他にも赤オクラやバナナピーマンなど、珍しい野菜が揃う。決して必要ではないが、面白そうだからつい買ってみたくなる、雑貨ショップの感覚に近い。昼間は周辺のショップ店員が、夕方は近所の主婦が宝探しのようにやってくる。

アイスクリームショップもオープン予定

ふらっと立ち寄りたくなる店構え
ふらっと立ち寄りたくなる店構え

   前出の食用ほおずきは、「観賞用と違って見た目は地味ですが、苦味がなくて甘いんです。サラダにしてもいいし、肉料理のソースにしてもいいし、量はたくさんいるけどジャムにするっていう手もあります」と説明が続く。通りがかった近所のご婦人も加わり、しばらく野菜問答が飛び交った。知識が豊富で勉強になる。2階では料理した野菜を食べて感想を語り合うワークショップも不定期で開催しているそうだ。休日には大森さんの息子や近所の子どもたちが進んで手伝いに来てくれる。開店から1年も経たないが、何十年も前からそこあったような憩いの場としてすっかり地域に根付いていた。

   9月下旬からは、アイスクリームショップが店の奥にオープンする予定。岩手で自然放牧して育てた牛から採れる牛乳と、伝で扱う野菜を原料にするという。ますます長居する客が増えそうだ。

アマゾネス・潤

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中