2020年 8月 8日 (土)

北川景子と三浦春馬、スープとパンの新たな食べ方で「対決」

毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   「クノール カップスープ」の味の素が、スープとパンの新しい食べ方を提案する。そのテレビCMに、三浦春馬さんと北川景子さんが起用され、2010年9月24日にオンエアがはじまった。

   前日(23日)に、東京・赤坂で催されたテレビCMの発表会では、2人がそろって登場。三浦さんがスープにパンをつけて食べる「つけパン」派、北川さんはパンをスープに浸して食べる「ひたパン」派として、スープとパンを一緒に食べる新スタイル、「ディップスタイル」を披露した。

「勝ちにいきたい」と北川さんが熱く語る

初共演の三浦春馬さんと北川景子さん、「つけパン」VS「ひたパン」でどっちも「負けない」!
初共演の三浦春馬さんと北川景子さん、「つけパン」VS「ひたパン」でどっちも「負けない」!

   相性のよさもあって、今までなにげなく一緒に食べていたスープとパンだが、その食べ方は人それぞれ。パンをスープにちょっとつけて食べたり、パンをちぎってスープに浸して食べたりと、大きくはこの2つに分けることができるだろう。

   そんな食べ方の代表として、「つけパン」派の三浦春馬さんと、「ひたパン」派の北川景子さんが激突。初共演ながら、対抗心を燃やしている。

   というのも、今回のテレビCMは「つけパン」派と「ひたパン」派が競い合う「対決型テレビCM」で、CMの放映期間中にキャンペーンサイトで「つけパンVSひたパン人気投票」を実施。投票結果が次回のCM内容に影響するため、視聴者がどちらを多く支持するか、気が気ではないからだ。

   「つけパン」派の三浦さんが、「パンのサクッとした食感と、つけたスープが口の中でジュワ~と広がる感じがおいしくて、ガブッと食べられる」と、撮影時に4枚のトーストを平らげたというエピソードを披露すれば、北川さんも負けじと、「パンのふわっとした食感がよかったです。濃いめのスープにパンを入れて、浸す時間を変えればカリッとした食感も、ジュワ~ッとした食感も、好みで楽しめるのがいい」と「ひたパン」の魅力をアピールし、「クノールのスープは、わたしが学生のころから朝食や仕事の合間などに、ずっと食べてきました。絶対に負けません」と熱く語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!