【Paris発】ペット「ポイ捨て」防止キャンペーン 主催者は仏の元祖セクシーアイドル

印刷

   日本は現在、動物愛護週間の最中ですが、フランスでもこの夏、パリ市内の地下鉄構内各所に、ブリジット・バルドー基金によるペット遺棄防止キャンペーン用の大型ポスターが貼られ、『1年間に、10万匹の動物が捨てられ、殺される』というコピーとショッキングな写真は多くの人目を引いた。

ポイ捨て理由は「ヴァカンスの邪魔」

ペット遺棄防止キャンペーンの大型ポスター
ペット遺棄防止キャンペーンの大型ポスター

   フランスでは毎年約10万匹の犬や猫が、飼い主に捨てられた結果、死に至っている、という統計があり、ペット遺棄の60%が夏の間に行われている。その理由は「ヴァカンスの邪魔になる」から。

   フランスにもペットホテルはあるし、ペットシッターなどのサービスも存在している。それなのにペットが捨てられるのは、フランス人が夏に2~3週間もの長いヴァカンスを取るので、その費用もばかにならない、ということなのか。

   ヴァカンス地に向かう道の途中で、車からペットを道端にポイ、という光景が見られるそう。中にはファミリーで、小さな子どもの目の前でペットをポイ捨てする親もいるのだろうな、恐ろしや・・・。

   もちろん、ペットのいる友人同士がヴァカンス時期をずらして預け合いをしたり、ペットの世話を条件にヴァカンスに出かけている間、アパルトマンを安く貸したり、と費用節約のために知恵を絞っている人も少なくない。経済的な、というよりはやっぱりモラルの問題なのだろう。

動物愛護運動に情熱注ぐB.B.

かつてのセクシーアイドルも今は筋金入りの動物愛護運動家
かつてのセクシーアイドルも今は筋金入りの動物愛護運動家

   さて、この夏のペット遺棄防止キャンペーンを主催したのはブリジット・バルドー基金。B.B.の愛称で知られる元祖セクシーアイドル、ブリジッド・バルドーが設立した動物愛護団体だ。

   そういえば、ちょうど今、日本でも『生誕祭』と銘打って、東京、京都、福岡などでB.B.の主演映画『素直な悪女』『裸で御免なさい』『殿方ご免遊ばせ』などを上映中。セックス・シンボルとして一世を風靡(ふうび)し、39歳で女優を引退後、バルドーは基金を設立し、よわい76歳の今日まで、動物愛護運動に並々ならぬ情熱を注いでいる。

   彼女は、フランス国内での狩猟を禁止すするよう首相に要請書を送ったり、イスラム教の犠牲祭りで生贄にする子羊にも麻酔をかけるようにフランスのイスラム協会に申し入れたり、サーカスは動物虐待行為だ、としてパリでのサーカス興業反対署名を集めたり。

   毛皮衣料品撲滅運動にも力を入れ、たしか、神田うのが毛皮ブランドを立ち上げた時には、公開質問状を送ったとも聞く(実はB.B.自身、若い頃は毛皮のコートを着ていたようだが)。いささか行き過ぎとも思われる動物愛護運動には、往年のバルドーファンも眉をひそめている様子だ。

   しかし、今回のポスターを使ったペット遺棄防止キャンペーンは、大方のフランス人が好意的に受け取っているようだ。ただ、『ペットにも市民権を!』の主張はやっぱり行き過ぎ?

江草由香

【プロフィル】
江草由香(えぐさ ゆか)
フリー・編集ライター。96年からパリ在住。ライターとして日本のメディアに寄稿しながら、パリ発日本語フリーペーパー『ビズ』http://www.bisoupfj.comの編集長を務める。著書は芝山由美のペンネームで『夢は待ってくれるー女32才厄年 フランスに渡る』。趣味は映画観賞。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中