日本HP、ヒップホップの重鎮とコラボノートPC

印刷
音楽を聴くためのPC
音楽を聴くためのPC

   日本HPは、ノートパソコンの新しい最上位ブランド「ENVY」から、第1弾商品として「HP ENVY14 Beats Edition」を2010年9月30日からHP Directplusモデルを、量販店モデルを10月7日から発売する。

   ヒップホップミュージックの重鎮Dr.Dre(ドクター・ドレー)とのコラボレーションモデルで、HPのエンジニアとDr.Dre製作スタッフとの共同作業により、チューニングしたデジタルシグナルプロセッシングを搭載。ヘッドフォン出力が高音質でリアルなサウンドが楽しめるのが特徴となっていて、液晶も14.5インチワイドで見やすい。

   黒を基調とした筐体やパッケージデザインもDr.Dre Studioのプロデュースによるもの。マグネシウム合金製のトップカバーには黒地に赤の「Beats」ロゴをあしらい、パームレストと底部にはマットな質感で滑りにくいラバーコーティングをほどこした。キーボードが赤く浮き上がるバックライトを備えるなど細部にわたって「Beats」のコンセプトで統一している。

   そのほかのスペックは、インテルCore i7-720QMプロセッサー(HP Directplusモデル)、ATI Mobility Radeon HD5650グラフィックスなどを搭載しており、幅広いエンターテインメントを快適に楽しめるハイエンドクラスのパフォーマンスを備えているという。

   価格は、HP Directplusモデルが13万9650円~。量販店モデルが13万円前後。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中