中央ろうきん、「生活応援引き下げ」で住宅ローン金利0.85%に

印刷

   中央労働金庫(中央ろうきん)は、2010年10月1日から「生活応援引下げ」として変動金利タイプの住宅ローンと借換・買替ローンの金利を0.225%下げる。

   すでに、財形貯蓄の利用や、中央ろうきん口座を給与振込みに指定するといった複数の条件を満たすと、金利を1.25%引下げるなどの施策を実施しており、全ての引下げサービスを適用すると、最大で標準金利から1.625%の優遇を受けられる。10年10月1日現在、標準金利は年2.475%なので、引下げ後の金利は0.85%になる。

   対象期間は11年3月31日融資実行分まで。また、詳細な条件は中央ろうきん公式サイト(http://chuo.rokin.com/kariru/jutaku/jtlonyugu.html)で確認できる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中