2018年 5月 21日 (月)

田丸麻紀、北川弘美デザインのブラ公開も 川崎アゼリアで「アゼリアピンクリボン」開催

印刷
ピンクリボンへの思いを込めて田丸麻紀さんがデザインしたもの
ピンクリボンへの思いを込めて田丸麻紀さんがデザインしたもの

   川崎アゼリアと川崎アゼリア商店会は、2010年9月27日から10月31日までの約1か月に渡り、ピンクリボン運動を応援するキャンペーン「アゼリアピンクリボン」を実施する。

   2回目の今年は、女優の田丸麻紀さんや北川弘美さん、美容研究家の金子エミさんら各界で活躍中の女性著名人が、ピンクリボンへのメッセージを込めてデザインしたブラジャーを公開する「ブラアート展」をはじめ、啓発パンフレットの配布やパネル展示などを実施。従業員らもオリジナルのピンクリボンバッジを身につける。

   また、2010年10月24日には、乳がん体験者でもあるモデルのMAIKOさんを招いてのトークショーや、模擬乳房を用いた触診体験などを行うイベントも開催する予定だ。

   ピンクリボンとは、乳がんの早期発見・早期治療の大切さを訴える活動のシンボルで、活動自体は1980年代にアメリカから始まり、今では世界中に拡大。現在、日本女性の約16人に1人が乳がんになるといわれており、川崎アゼリアでは、こうした状況を踏まえ、2009年から乳がんの早期発見・診断・治療の大切さを伝えるキャンペーン「アゼリアピンクリボン」を地域への貢献活動として実施している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中